★医学部再受験は非常に難しい試験に間違いないけど、不可能な試験ではない!★

医学部再受験を目指す受験生は多く社会人や他学部生などがいます。彼らが医学部を目指すのは、元々医学部を受験生時代に目指していたけど合格できなかった人、もしくは社会人になって安定して高い報酬が期待できる医師という職業に憧れを抱いた人など様々です。医学部再受験生のブログはたくさんあり、実際に合格できた人から途中で諦めた人まで様々な受験生活を垣間見ることができます。学習方法や志望校選びなど読んで参考になることが多いので是非一度確認してみると良いでしょう。その際、ブログや2chを見ていて分かると思いますが、医学部受験には年齢に寛容である大学とそうでない大学があります。これは国公立や私立関係なく存在しています。ネット上でランク付けされている寛容度は精度が必ずしも高いとは言い切れませんが参考材料の1つとして利用することは良いかもしれません。年齢に寛容であれば30代の医学部生も存在していますし、再受験生でも合格を十分狙えます。年齢が寛容であるかどうかは、在学生や合格者の年齢層を調べたり、通っている医学部予備校に相談したりすることでより正確な情報が得られるでしょう。また、杏林大学や藤田保健衛生大学は年齢に関係なく門戸を開いていると公言しているので再受験生に人気です。再受験生は年齢的な問題もあるので短期間で医学部に合格するためにもできるだけ受かりやすい大学を選ぶことが重要です。これは年齢だけでなく、個人によっても異なってきますが、得意科目の配点が多かったり、試験科目が少なくて済むので集中して対策しやすいなど自分の力が最大限に発揮できる入試を実施している医学部を志望校とすることが効率よく学習でき、医学部合格の可能性が高まります。

★医学部再受験生が気になる年齢に寛容かは最新の傾向から分析すること!★

医学部再受験生

医学部再受験生にとって関心が高いのが志望する大学が医学部に寛容であるかです。ネット上で様々な情報が流れており、無駄に心配してしまったり、誤って解釈してしまったり注意が必要です。重要なのは医学部に合格ができる学力をまずは身に着けることです。医学部再受験生は勉強から遠ざかっているのでまずは学力向上が先決でしょう。偏差値60ないと医学部合格は難しいです。最低でも模試で偏差値50後半までいけるよう学力に専念すべきです。そして、医学部の寛容度は急に変わることがあります。去年まで年齢に寛容的で4浪以上でも多くの合格者を出していても、突然4浪以上の合格者を絞ることはよくあることです。なので、毎年各医学部が公開する最新の入試結果は確認しておくようにしましょう。大学によっては、合格者の構成比率を公開しているケースも多くあります。そこで、大体の傾向はつかめるはずです。あとは、医学部再受験生ほど専門予備校で学ぶことをおすすめします。医学部予備校は、情報量が豊富で再受験生が知りたいデータをたくさん持っています。したがって、再受験生でも合格できる医学部を教えてくれるはずです。自分で志望校を決めるよりも効果的であり、年齢や再受験生という立場を加味したうえで最適な進路指導やサポートを提供してくれるでしょう。実際に、慶応進学会フロンティアや再受験生や多浪生向けに独自のサポートシステムを構築している予備校あるほどです。確かに医学部予備校は学費が高いです。それでも、本当に医学部へ合格したいのであれば通うほうが良いでしょう。再受験生は学費の安い大手に通う傾向がありますが、合格できずに結果的に医学予備校に移る生徒が少なくありません。それか、最悪の場合は途中で挫折してしまいます。医学部に合格できなければ時間やお金を無駄にしてしまうので、丁寧なサポートを提供してくれる医学部予備校に最初から通うのが一番です。

★医学部再受験生は入れる大学を目指すのが一番★

医学部再受験生は、年齢的に寛容な大学の中から志望校を選ぶ必要がありますが、その中でもさらに合格できる確率の高い医学部を選ぶべきです。医学部でも様々な大学があるので受験生にとっては進学したいところがあるのは当然です。しかし、再受験生の場合は年齢的なハンデもあるので、合格を最優先にして志望校を選んでいくようにしましょう。特に国公立にこだわりを持って勉強するのは危険です。国公立は学費も安いので医学部再受験生にとっては非常に魅力的です。経済的に親から独立している人も多いのが理由ではないかと思います。しかし、現役生でも国公立医学部に合格するのは非常に困難であるのに、再受験生が目指すなら尚更です。よく、国公立を目指す再受験生がなかなか合格できずにドロップアウトしてしまうケースが沢山あります。受験科目数が少なく、併願もできる私立大学医学部を目指した方が合格できる可能性は高まります。教育ローンや奨学金なども活用して進学できるか検討してみることをおすすめします。あと、親のサポートも受けられるかお願いしてみることも重要です。やはり経済的支援がないと医学部進学が厳しいと思っておいた方が良いです。よほど優秀で国公立も目指せるだけの能力がある人は別の話ですが。最近は、私立大学も学費の値下げ合戦が繰り広げられ、6年間2000万円台で学べる大学も増えています。昔よりも断然経済的負担は軽くなっているので、私立もしっかりと目指していくようにしましょう。学力だけでなく、年齢やお金といった課題が深刻となるのが医学部再受験生です。しかし、それらの問題をクリアできなければ医師の道は開かないのが現実です。医師になれば経済的にも豊かになれるので十分投資したお金を回収することができます。なので、合格できる大学を最優先に探して対策することを目指しましょう。

★医学部再受験を始める前に知るべきこと★

医学部再受験を決意する人は意外と多く、キャリアを捨てて受験生活に戻る人までいます。限られた人しかなれない医師だからこそ魅力に感じるのでしょうが、医学部再受験には厳しい現実が待っているということを覚悟する必要があります。まず、挑戦したから合格できるとは限りません。特に医学部は偏差値60以上の高度な学力が要求されるため再受験生の大半は不合格のままドロップアウトしていきます。医学部再受験からの合格はほんの一握りであるということを理解しておきましょう。次に、医学部再受験がダメだったらまた社会人に復帰すれば良いと安易に考えている人もいるかもしれませんが、高度な資格やキャリアがなければ再就職では制限が多く、報酬も前職より下がってしまうことを覚悟しておきましょう。医学部受験は企業からの評価対象ではなく、むしろ空白期間と捉えられるため、社会復帰も選択肢として医学部を目指すのであれば、キャリアを継続したまま空いた時間や週末を使って受験勉強を行うことを強くおすすめします。新卒主義がまだまだ残る日本では、景気が良いとは言ってもまだまだ中途採用のハードルは高いです。医学部に合格できても人間関係や年齢による体力低下で悩むことは多々あるでしょう。それでも医学部を目指すのであれば再受験は目指すだけの価値はあります。高い職業的地位と安定した雇用と報酬が医師にはあります。就職も困ることは他業種に比べてほとんどないからです。ただし、最初に述べた通り途中で挫折してしまう再受験生が非常に多いので、最後までやりきる継続力が一番重要になります。医学部再受験を始める前にいまいちど挑戦するだけのモチベーションと覚悟があるかを再確認して臨むようにしましょう。