★分かりづらい死亡保険の仕組み簡単に紹介!正しく理解して適切な保障を!!★

死亡保険に加入している人は多く、実際、生命保険文化センターのデータでは日本人の約8割が加入しています。そんなたくさんの人が加入している死亡保険も、ちゃんと理解している人は少なく、ほとんどの人は保険のセールスレディに勧められて新入社員時代に加入した、あるいは代理店やファイナンシャルプランナーに言われた通りに加入したというケースが占めています。そこで今回は死亡保険の仕組みを分かり易く紹介したいと思います。そもそも保険とは、加入者同士が保険料を支払い、保険会社が経費として運営しながら、万が一、死亡または病気になったときに保険金を支給して助け合う相互扶助の精神で成り立っています。死亡保険金はほとんどが死亡以外にも高度障害状態になったときに受け取ること可能です。高度障害状態の基準は保険会社によって異なってくるので確認しておきましょう。死亡保険には定期タイプと終身タイプの2つに大きく分けることが可能です。定期タイプは保障期間が決まっているため、定期的に更新していく必要があります。ライフステージに合わせた適切な保障を設計できる分、途中で大きな病気にかかってしまうと更新時に加入を拒絶される可能性があります。いっぽう、終身タイプであれば加入すると一生涯保障が継続するので安心な分、ライフステージに合わせた保証の見直しができなくなります。したがって、最低限必要な保障は終身タイプで加入しておき、定期タイプでライフステージにあわせてそのつど保障を上乗せしておくと良いでしょう。他にも貯蓄性の高い死亡保険や、老後に備えた設計ができる死亡保険など様々なタイプの商品が販売されているので、自分にあった商品を選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です