★女性保険と医療保険の違いを知っていますか?正しく理解して適切な保険に加入!!★

女性保険と言われる女性限定の保険商品が多くの保険会社から販売されているので、聞いたことがある人が多いと思いますが、女性保険のことをちゃんと理解していますか?医療保険と混同している人もなかにいらっしゃると思うので、今回は女性保険と医療保険の違いを理解して、正しく保障をつけられるようにしましょう。女性保険とは、女性向けの医療保険のことで、女性特有の病気や疾病を手厚く保障してくれます。医療保険では、男女関係なく保障内容は同じですが、女性保険であれば女性特有の病気などに対して、通常の保障額に上乗せして保障してくれるため、より手厚く備えられて安心です。商品によっても異なってきますが、通常の医療保険よりも入院給付金や手術給付金が2倍程度高くなっているので、より経済的負担を抑えて治療に専念することが可能です。また、女性保険には単体商品と、医療保険などに女性疾病特約という特約保障の2パターンで備えられます。女性保険単体であれば、女性特有の病気に対する保障範囲も充実しているため、より備えることができます。いっぽう、女性疾病特約の場合は、医療保険の特約として付加できるため、保険料を抑えることができます。したがって、親族に乳がん罹患者がいるなど、女性の病気が特に心配な方は、女性保険に加入して手厚く備えることがおすすめです。また、保険料は安く済ませたいけど、女性の病気も気になる方には、女性疾病特約を医療保険に付加しておくことをおすすめします。

★持病保険で万が一の場合でも安心!持病だからって保険を諦める必要はありません!!★

持病保険は、糖尿病などの持病がある人でも加入することができる保険商品で、高齢化社会の昨今、注目を集めています。病気にかかっている人は、これまでは公平性の観点から通常の医療保険や生命保険に加入することができませんでした。これは、保険というものは加入者同士がお金を出し合って、いざという時に助け合う相互扶助の精神で成り立っているからです。しかし、持病がある人でもリスクの高いもの同士がお金出し合って助け合う「引き受け基準緩和型」の持病保険が誕生しました。もちろん、その分通常の保険料よりも割高に設定されています。また、加入後1年以内の入院・手術は保障が半額になるなどの制限はありますが、持病が原因による入院・手術も保障対象となっているので、いざという場合も安心です。持病保険は、告知の項目や、保険料など、各社によって少しずつ異なってくるため、事前にチェックすることが大切です。保険会社によっては、うつ病でも加入できる商品もあるため、以前なら諦めていた人、あるいはムリだった人でも加入できるケースもあるので、保険会社に問い合わせてみましょう。また、持病の場合でも、服用している薬の種類や健康状態によっては通常の保険に加入できることもあります。したがって、まずは通常の保険に加入できないかトライしてみましょう。そして、それでもダメだった場合に、持病保険への加入を考えたほうが、安い保険料で充実した保障をつけることが可能です。また、持病保険には無選択型保険といわれる、告知なしで誰でも加入できる保険がありますが、保険料が割高で、保障内容も限定されているため、ここではあまりおすすめしません。持病保険の場合は、引き受け基準緩和型を検討するようにしましょう。

★専門学校生は社会人や大卒生、フリーターも珍しくありません!専門学校で再挑戦!★

専門学校へは、高校卒業後に進学する選択肢の一つとして考えている人もいらっしゃいますが、実際は大卒生や社会人、フリーターなどもたくさん進学しています。目的は様々ですが、実際に大学よりも就職内定率が高かったり、公務員など国家資格合格率が高かったりする専門学校は数多くあるため、専門学校に再進学して夢を実現したいと思う人が多くいます。そんな人たちにおすすめなのが「なるには」という専門学校の情報サイトです。全国の専門学校情報を、業界別または地域別に絞って探すことができるので、効率よく志望校選びが行えます。また、興味なる専門学校へは無料で一括して資料請求が行えるので非常に便利なサイトです。専門学校への進学を考えている社会人などの人たちはぜひ一度確認してみることをおすすめします。昔から専門学校は専門性の高い高度な技術や、国家資格を取得したい人に向いています。社会人が多く利用する公務員課程についても、試験の格率は大学よりもはるかに高く、毎年多くの合格者を輩出している実績があります。資格予備校などに通って国家資格の取得を目指す人もいますが、難易度の高い資格ほど専門学校で集中して勉強したほうがサポート体制も充実しており、短期合格を目指すことが可能です。様々なバックグラウンドを持った人たちが専門学校には集まってくるので、年齢や経歴など気にする必要はありません。自分の目標を明確化して、まずは資料やパンフレットを通じて各学校を徹底分析して、オープンキャンパスなどに参加して自分に合った志望校を選んでください。

 

★医学部再受験は非常に難しい試験に間違いないけど、不可能な試験ではない!★

医学部再受験を目指す受験生は多く社会人や他学部生などがいます。彼らが医学部を目指すのは、元々医学部を受験生時代に目指していたけど合格できなかった人、もしくは社会人になって安定して高い報酬が期待できる医師という職業に憧れを抱いた人など様々です。医学部再受験生のブログはたくさんあり、実際に合格できた人から途中で諦めた人まで様々な受験生活を垣間見ることができます。学習方法や志望校選びなど読んで参考になることが多いので是非一度確認してみると良いでしょう。その際、ブログや2chを見ていて分かると思いますが、医学部受験には年齢に寛容である大学とそうでない大学があります。これは国公立や私立関係なく存在しています。ネット上でランク付けされている寛容度は精度が必ずしも高いとは言い切れませんが参考材料の1つとして利用することは良いかもしれません。年齢に寛容であれば30代の医学部生も存在していますし、再受験生でも合格を十分狙えます。年齢が寛容であるかどうかは、在学生や合格者の年齢層を調べたり、通っている医学部予備校に相談したりすることでより正確な情報が得られるでしょう。また、杏林大学や藤田保健衛生大学は年齢に関係なく門戸を開いていると公言しているので再受験生に人気です。再受験生は年齢的な問題もあるので短期間で医学部に合格するためにもできるだけ受かりやすい大学を選ぶことが重要です。これは年齢だけでなく、個人によっても異なってきますが、得意科目の配点が多かったり、試験科目が少なくて済むので集中して対策しやすいなど自分の力が最大限に発揮できる入試を実施している医学部を志望校とすることが効率よく学習でき、医学部合格の可能性が高まります。